規則を破って、自己流でプレイする

最近の投稿

verajohnカジノのことならベラジョンマニアで確認!

ポーカーを語るには、まずポーカーについてよく理解する必要があります。ポーカーとは何か、よく心得ておきましょう。ポーカーでは何らかの形でルールが定められていますが、目的は手段を正当化します。プレイヤーはどんな方法を使っても、不正な方法を使ってでも勝ちたいという情熱と欲望を常に持っているのです。

ポーカーでは、カードを折る、削る、引っ掻く、関節や爪で傷をつけるなど、さまざまな方法でカードにマークをつけることがあります。このように、トランプに手を加えることをカード・マーキングといいます。

カード・マーキングは共謀者にしか分からないため、とても有効な方法です。カード・マーキングは不正行為だと言う人もいれば、ポーカーは臨機応変なゲームだから問題ないと考える人もいるでしょう。

カードの「操作テクニック」と「不正行為」の間には差があります。ポーカーでは、カードを正しい位置に導くために、操作テクニックを使用することが望ましいとされています。しかし、プレイヤーを不正行為から守るために、そのようなテクニックを防止する手段を採用しているカジノもあります。しかし一部のカジノでは、ポーカーをプレイする際にカード・マーキングを行うことにより、面白さが増すと考えられています。カード・マーキングによって、裏のかき合い、競争心、不確実性といった要素が高まります。

ポーカーとは何か?

ポーカーは、最も面白いと言われるカードゲームの一つで、金銭を賭けてプレイされることがあります。1テーブルでプレイできる最大人数は10人と決まっています。ゲームのルーツはペルシャ時代に遡りますが、今のポーカーの形式となったのは19世紀のことです。ポーカーの人気は上がったり下がったりを繰り返していますが、特に人気が高まったのは1970年のワールドカップの後です。ポーカーをテーマとした映画が作られるようになったのもその頃です。やがてポーカーゲームのトーナメントが開催されるようになり、優勝者には100万ドルもの賞金が贈られるほどまでになりました。

現在人気のポーカーゲーム:

– テキサスホールデム

– オマハ

– セブンカード・スタッド

カード・マーキングの歴史

カード・マーキングは非常にダイナミックかつ興味深い歴史を辿ってきました。テクノロジー全般が各段に進歩していることからも理解いただけるかと思いますが、昔と今とでは使用されているマーキング技術が異なります。

昔のカード・マーキングは、カードを折り曲げて跡をつけたり、点字のような小さな凹凸などを使いマークしたりしていたようです。インクや顔料を使ってデザインを変化させる人もいました。

カードにマークをつける方法には、他にも型取りやカット、着色などがあります。現在では技術が進歩したため、カードにマークをつけることはとても簡単な作業となりました。中でもシャドーテクニックは、最もバレにくい最新の手法です。

シャドーテクニックとは

よく使われるシャドーテクニックを使ったマーク手法は以下のとおりです:

ジュースマーク付きカード – 非常によく使われる手法で、肉眼でサインが見えることが最大の利点です。サングラスを使用すれば、より簡単にマークを見つけることができます。

映像で確認できる発光マーク付きカード – 不正行為を行うためではなく、マジックに使用される種類のカードです。ポーカーハウスでは、ゲームの分析や共謀行為を検出するためによく使われています。マークは肉眼では見えないため、経験豊富なプレイヤーであってもデッキを発見することは困難です。

発光マークのついたカード – カードのマークは、特殊なコンタクトレンズや特別な装置が付いたサングラスをかけなければ読み取ることができません。一番初めに使用された発光カードは、赤いカードの裏に緑色のインクでマークが付けられているものでした。そのマークを見つけるためには赤いレンズを装着する必要があります。

カード・マーキングのその他の手法

ブロックアウト・ワーク – カードの背景と同じ色のインクを使用する非常にシンプルな手法です。

Daub (汚れ) – ゲーム中にマーキングを行う面白いテクニックです。プレイヤーが特殊なペーストを使って他の人のデッキに「汚れ」を付けるテクニックです。

ジュース・ダスト – Daubと同様、ゲーム中にマーキングが行われます。 紙製カードや100%のプラスチックカードにもこのテクニックを使用することができます。